メニュー
新規記事
このHPの記事を検索
リンクについて


ワビスケツバキ

最近のコメント
最近のトラックバック
<< 取り木切り離し開始 | main | 取り木工夫続き >>
サルスベリその後と取り木工夫

    

サルスベリ/さるすべり/百日紅(小葉) コナラ/小楢(取木部水注し)

サルスベリは7月31日に二度目の切り込みをした後の芽出し状況です。春の芽出し、その後二度の切り込みをしていますので今年三回目の芽出しです。かなり枝が混んできました。やはり地植えの樹はしっかりした芽が伸びてきますね。今年もう一度ぐらい切り込んで芽を出せますが弱い芽になってしまうのでこのまま伸ばしてもう芽を吹かない秋に切りそろえる予定です。その時はあまり深く切り込まず枝を長めにします。コナラは今年の6月に針金を縛る方法で取り木を掛けました。写真のように枝が横に出ていてビニールの中に水を染み込ませ難いので工夫をしてみました。園芸用液肥の容器の底を切り竹串を通しビニールに穴を開け竹串をミズゴケに刺し固定しました。水を入れると40分ぐらいで容器が空になります。

| 日々雑記 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

寄せられたコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bonsai.tenorigi.com/trackback/1439982
トラックバック

▲このページの先頭へ
→食品トレー、お弁当容器の販売はこちら